Click Here!
高校留学の専門サイト「高校留学.net」

アルク 英会話教材サイト
「ヒアリングマラソン」 インプット教材
「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>」 インプット教材初級者用
「イングリッシュ・キング」 スーパー音読法によるアウトプット教材初級者用
持ち歩ける英会話スクール「英会話コエダス」 アウトプット教材

失敗だらけの英会話、きっとコレなら上手くなれる! 
英語教材選びに困ったら ここです
セシールのお買い得スクールウェア(中学生・高校生に)

2006年07月10日

中学生の塾の成果

我が家の長男次男は、公立中学2年生のツインズ。
塾デビューは遅く、この春でした。
それまでは、時折わたしが数学・英語のみ見てやる程度で・・・・。
でも、なかなか成績が芳しくない状態があったもので、本人たちの希望もあり入塾したのでした。

で、つい先日、入塾後初めての中間テストがありました。
結果に関しては、次男は驚くべき成果を果たしました。
長男は、次男のそれに比べると驚くほどではありませんでしたが、主要5教科で言えば、それぞれ10〜20点アップ。
塾効果・・・・・さすがだと感じました。

で、親として思うことはこのツインズの差。
この差は、家での時間の使い方なのですよね。
もともと、次男は真面目系。
やらなければならないことはこつこつとやるタイプ。
塾で過ごす時間は同じ。
でも、その同じ時間をいかに有効にするかどうかは、家での予習復習のやり方だったりします。

彼らの時間の使い方を見ると。
野球部に入っているので、学校終了後は部活。
6時半くらいに帰宅しますが、体力的にはへとへと。
即座に夕飯を出しますが、その後はぐったりして気が付けば寝ていたり。
でも、塾のある日は、疲れた体を奮い起こし塾に行くわけです。
塾がなければ、寝てるところをやむなく塾へ。
そんなことが成績アップなのかと・・・・・
なんだかな〜〜〜と、思いながら結局そういうシステムなんだな〜〜〜〜と思ったりしてます。

今は、勉強をやらされてる様子。
でも、次男は成績がアップしたことで、欲が出てきた感じ。
ちょっと、難しい問題にチャレンジしたい気持ちが出てきた様子だと、先日塾の先生がおっしゃっていました。
これが、大切なのかなって気がします。
長男はあと一息なのだそうです。

お膳立てではなく、本人の意識がなんと言っても大切。
塾はほんの動機付け。
大人になって、会社で必要とされる人間になるための塾があるわけではなし。
部活をしっかり、体をいっぱい使って、疲労感たっぷりだけど、学習もしっかりこなして欲しいな〜。
つぶやきでした!
posted by tomomama at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20582669

この記事へのトラックバック
Click Here!
激安!ラテラルサイトレーナー税込み4950円

体を動かせば、頭も働きます。ステップ踏みながら、英語の聞き流しはお勧めの学習法です。
目指せバイリンガル!★お子様向けからビジネス英語まで★
、ハングリーフォーワーズ「EigoShop」

デジ単MRS−2000JTOEIC攻略に絶大な支持!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。