Click Here!
高校留学の専門サイト「高校留学.net」

アルク 英会話教材サイト
「ヒアリングマラソン」 インプット教材
「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>」 インプット教材初級者用
「イングリッシュ・キング」 スーパー音読法によるアウトプット教材初級者用
持ち歩ける英会話スクール「英会話コエダス」 アウトプット教材

失敗だらけの英会話、きっとコレなら上手くなれる! 
英語教材選びに困ったら ここです
セシールのお買い得スクールウェア(中学生・高校生に)

2010年12月02日

奇貨居くべし■宮城谷昌光著

浅田次郎の作品を先日まで読んでいましたが。
今は、宮城谷昌光さん著の『奇貨居くべし』。

奇貨居くべし(天命篇)

奇貨居くべし(天命篇)

価格:700円(税込、送料別)



舞台は、中国紀元前三国時代。
主人公は呂不韋という商人の息子ですが、父親に愛されていないという意識を抱きつつ、波乱万丈の旅に出、そこで出会った人々、出来事、そして生来備わっている美しい面差し、思考力、優しい心、運、縁により、彼を大舞台へと押し上げていきます。

人生とは不思議です。
何が縁で、何がきっかけで進むべき道が決まるかわかりません。
ひょんな事から出会った人々、そして出来事。
些細な拾い物が、大きな物を手に入れることになる。
それは決して物質ではなく、時代をも変化させる力となるもの。
大きな志であればあるほど、拾った物に意味を成してくる。

壮大な歴史小説ではありますが、人・自然を慈しむ事、心の立て方を感じさせてくれ、それは何気ない日常にこそ美があります。

周囲を見渡すと、家族がいて友人がいる。
それは自分を写す鏡なのだろう・・・・と思いました。

いつも愚息の文句ばかり言っている自分に、イタたたたた(−−+)ですあせあせ(飛び散る汗)
posted by tomomama at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

「ジャック」に燃える!

今、はまってる小説。



始末屋ジャック見えない敵(上)


シリーズ物なんです。
異界物で、現実離れしてはいますが、主人公ジャックをとりまく人間模様なんかはリアルでついつい引き込まれてしまいます。
次はどうなるの?次は??
って、「ジャック」という名前もさることながら、「24」のジャックバウアーもやや連想されちゃったり。
あ、でも全くストーリーのそれは別物なんですけどね。
おかげで、ここのところ睡眠不足気味。

子供達は、ツインズ中2、三男小5で個人面談もぐったりしながら済ませ。
そーそー、進学問題よね、し・ん・が・く・・・・
親が何言ったところで、やったところで、もう本人の問題という感じなんで。
いらいらもやもや痛くなる頭を揉み解しながら、自分を取り戻すべくせっせと読書に励んだこのごろなのでした・・・・とほほ・・・。
posted by tomomama at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

夏休みの宿題□5年生の読書感想文

小5の三男。
昨年に引き続き、読書感想文を書く本として選んだのは↓「ドラゴン・スレイヤー・アカデミー」のシリーズ。

ドラゴン・スレイヤー・アカデミー(1) ドラゴン・スレイヤー・アカデミー(2ー2) ドラゴン・スレイヤー・アカデミー(3)
ドラゴン・スレイヤー・アカデミー(4) ドラゴン・スレイヤー・アカデミー(8) ドラゴン・スレイヤー・アカデミー(9)


読書家というには程遠い三男。
本を読む環境には結構恵まれたんじゃないかな?と思うのですが、現実には全くでした。
それでも、このシリーズはお気に入りなのか、好んでいる様子。
好んでいると言えば、幼少からのお馴染み「かいけつゾロリ」のシリーズもそう。
年代を思えば、もちょっと字が細かい物を読んで欲しいのが親心。
でも、自然体がいいのかな?と最近思います。
読んでみたい、読みたい意識は個人の成長差でいろいろ。
調度、体の成長と同じようなものなのかな?って思ったりします。
posted by tomomama at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

幼児教育♪右脳への働きかけ

楽天ブックスの中で、絵本、児童書の分野での売上ランキングの本がこれ↓

1日10分(じゅっぷん)でえがじょうずにかけるほん(小学校低学年対象)

1日10分(じゅっぷん)でえがじょうずにかけるほん(小学校低学年対象)

1日10分(じゅっぷん)でえがじょうずにかけるほん(3さい〜6さい対象)

1日10分(じゅっぷん)でえがじょうずにかけるほん(3さい〜6さい対象)

ランキングって、その時々の動きを表してるのでチェックするの結構好きなんですよね!
夏休みということもあり、親子で向き合い本を眺めたりするのにうってつけです。
こういうの、わたしも大好きで子供たちが幼い頃は一緒に図書館通いなんかしました。


子供部屋や本棚にちょっと気になる本を並べてみたりする。
テーブルの上に子供向けの世界地図の本や、国旗の本を置いてみたりする。
環境が子供に与える影響って大きい!


綺麗に整えられたお部屋よりも、少々雑然と(不潔なのはいけないんですが)した部屋の方が良いようです。(わたしの片付け下手の言い訳かも^^;;)
なぜって、綺麗な部屋を散らかしちゃいけないと子供に意識付けてしまうよりは、少々散らかっても好奇心には勝てない!って、子供が感じる方がベターだからです。
感じること、見たい知りたいが即行動に結びつく環境作りを親が自然体でお手伝いすることが良いかな・・・と、はるかに幼児期を過ぎてしまった我が子達を見てそう思います。


posted by tomomama at 09:16| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

「あらしのよるに」子供達へ・・・

↓この本は小学校低学年〜中学年の絵本です。
でも、大人だって心にびび〜〜んとくる一冊。
わたしが、これまでに読み聞かせてきた絵本の中の最高傑作だと言えます。


あらしのよるに

あらしのよるに


シリーズ物なのですが、1冊目を読んだ時に、とにかく先が知りたくて一気に前シリーズを取り揃えました。最後の方は、涙なしには読めません。
もうすぐ、クリスマス。
クリスマスプレゼントは本が定番の我が家。
ついつい、数年前の子供達3人を前にして読んであげた記憶がよみがえってしまいました。


posted by tomomama at 13:33| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

ジョン・ダニングの作品



著者: ジョン・ダニング, 宮脇 孝雄

タイトル: 失われし書庫



著者「ジョン・ダニング」の作品にはまっています。
これは前作の「死の蔵書」と同じシリーズになりますが、古書売買をテーマとしたミステリーです。
ジョンダニングの作品を読んで、本の価値、稀少価値のある書物のことを知るようになりました。
これから「ブックオフ」に行くと、本を見る目?!が変わるかも!!
なんてね〜♪♪

雑多な日常に追われる毎日ですが、読書の時間はゆったりと・・・・。
が目標です。

posted by tomomama at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

読み聞かせの絵本■漫画■読書


もう子供達への読み聞かせは卒業の年齢になってしまいましたが、読み聞かせは大好きです。その本選びのプロセスも大好きで、本屋や図書館で人気の絵本眺めたり、ネットで売れ筋の絵本を選んだり・・・っていう作業もおもしろかったです。
限られた年代とその時間に、出来るだけ良い本に触れさせてやりたい・・・・
そんな気持ちでしたね〜。


我が家の子供達は、特に制限したわけでもなかったので漫画もよく読みます。
漫画も読めば、結構分厚い小説なども読みます。
とにかくいろんなジャンル。
コミックになっている「三国志」を読んで興味を持ち、中国の歴史を読むようになったりしました。
漫画に関しては賛否両論あるようですが、難しい言葉を知るきっかけになったり、普段年齢にふさわしい児童書では味わえないような世界やジャンルに触れることがあります。
そんな関係上、子供が漫画を読む・・・・はわたし的には「あり!」と考えてます。
また、先日あるテレビ番組で漫画を読んでいる最中の脳波の動き・・・・のような仕組みを検証していました。その中で、漫画はしっかりと、脳の働きに有効である・・・との実証もあり、ホッとしているところでもあります。
漫画ばかりでは・・・・
というところもありますが、子供の興味のある分野や性格などを考慮の上で読書環境を提供できれば・・と思います。








posted by tomomama at 19:07| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

夢中になる本「バッテリー」


今春、中学に入学し野球部に入部したツインズ。
はまった小説は「バッテリー」。
子供も大人も夢中になる小説として以前からベストセラーになっていました。

とりあえず、全6巻のうち3巻だけ購入。
あ・・・・っという間に完読。
「早く!!」とせがまれ注文です。
先日の中間テストではどうやら勉強よりも読書に忙しかったようで・・・。








バッテリー(4)


バッテリー(4)



著者:あさのあつこ / 佐藤真紀子

出版社:教育画劇

本体価格:1,500円










バッテリー(5)


バッテリー(5)



著者:あさのあつこ / 佐藤真紀子

出版社:教育画劇

本体価格:1,500円










バッテリー(6)


バッテリー(6)



著者:あさのあつこ / 佐藤真紀子

出版社:教育画劇

本体価格:1,600円







posted by tomomama at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

今「もえたん」がすごいらしい・・・


「萌え萌え」とか「もえたん」とか呼ばれてる書籍をご存知でしょうか?
言われるまでもなく、ご存知ですよね。
わたしは先日知ったばかりだったのですが・・・^^。

ちょっとしたコミック誌だとばかり思ってましたが、実用書なのです。
英会話、漢字、法律関係、いろんなジャンルあります。
どうせ同じく学習するなら、「もえたん」なるかわいいキャラクターが先導して覚えてしまおう!のようなノリですが、これがなかなかいいです。
先日、ちょっと本屋さんで見かけましたが、内容充実してます。

大ヒットなのはうなずけます。










電車の中でもえもえ英会話


電車の中でもえもえ英会話









萌え萌え!四文字熟語Moeyon


萌え萌え!四文字熟語Moeyon




posted by tomomama at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

中学生の本選び


我が家の三兄弟は、上から中1ツインズ。
下は三男。
読書環境としては、親が2人とも本好きなので常にどこかに本がある。
親はいつも本を読んでいる。
いえいえ、本だけではありません。
年甲斐もなく、漫画だろうがコミック雑誌だろうが、読み物であればなんでもござれ!状態。
先日に至っては、友人から「花より男子」をお借りしてはまってました!!
この年でハズカシ!!

と、ところで本題。
そんな環境で育った子供達は、みんな本でも漫画でも何でも読んでるようです。
ただ、時間的余裕がないせいか、簡単にパパっと読める漫画が最近多いです。

小説系では、今だ続いてる「デルトラ・クエスト」は全部読みたい・・・
と言うので、出版されるたびに購入。
これは、「ハリーポッター」系の冒険物。
ハリポタの簡易版とでもいいましょうか。
小学4年生くらいから読み始めてるので、すでに10冊くらいになっています。


で、つい先程ネット注文したのが、これ↓。






バッテリー


バッテリー



著者:あさのあつこ / さとうまきこ

出版社:教育画劇

本体価格:1,400円




よく本屋さんでは見かけており、知ってはいました。
「中学に入って、野球部に入部したんだよ!」と友人に話したら、この小説を薦められたんです。
ネットでの読者の書評を読んでるうちに、とっても興味深い!と思って・・・。
わたし自身も読むのが楽しみです。


posted by tomomama at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

魅惑の古代エジプト王朝


昨夜のTV番組「世界不思議発見」ではエジプト史上最高の美女(クレオパトラではないんです)と言われるネフェルティティが特集でした。

もともと、古代エジプト王朝時代のことは、わたしにとって神秘の世界でとても興味深く、「太陽の王ラムセス」(全5巻)を読んでからは、かなりはまりました。単に歴史小説、時代物というだけでなく、女性の日常の暮らし、生活の知恵、美への追及、子育て、夫婦のあり方などが描かれており、勉強になります。

このはまった小説「ラムセスシリーズ」では、エジプト王朝最高のファラオと言われているラムセス
の生涯とその王妃「ネフェルタリ」のことを中心に書かれていますが、昨夜の番組での主役は、そのラムセスよりも数世代前の時代となります。

番組での取り上げ方、著者による小説内容(主人公)の主点により、実際的なところの判断は読み手にかかってるんでしょう。語り継がれているうちに、少しずつずれている部分もあるでしょうから・・・・。
いろんな解釈があって、いろいろ楽しめる古代エジプト王朝。
似た番組、小説を読んでもまだ尚、新しい発見があります。



posted by tomomama at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

子供の本好きになるきっかけ


うちの子供達が本好きになるきっかけの本がありました。
今は中1になったばかりなのですが、3年か4年前くらいだったでしょうか?
「デルトラ・クエスト」
という本です。







デルトラ・クエスト(1)沈黙の森


デルトラ・クエスト(1)沈黙の森



著者:エミリー・ロッダ / オカダヨシエ

出版社:岩崎書店

本体価格:800円



この本の内容は、簡単に言うと、「ハリーポッター」の簡易版という感じ。
冒険物で、いかにも男の子たちが好きそうでした。
当時、育児情報のネットの交流の中で、薦められたのです。
試しに渡すと夢中になって夜寝るのも惜しい!というくらい。
シリーズ物で、今では10冊くらいは発行されてるでしょうか?
全てうちにあります。
「ハリーポッター」だとあまりに長く、完読するのもちょっと大変ですが、ちょっと長めの絵本じゃ物足りない。それなりにしっかりと読みたい。でも、「ハリー・・・」じゃ長すぎる。
そんな子供にぴったりの本です。
読み応えはしっかりとあります。

子供に、文学的な本を読ませたい。
そんなお考えの方もいらっしゃるでしょう。
どうせ読むなら、昔から名の知れてる作品をと。
でも、読書することそのものが頭の筋力トレーニングなんですよね。
そう思えば、どんな本も集中力と物語の世界を読みながら創造させる力がついてきます。
で、いずれはそんな「昔からの名作」と言われる作品にも興味を示すでしょう。
まずは、「読む」ことの一歩から。






posted by tomomama at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

子供へ「生きる」ことの教え方

私事ではありますが、我が家のツインズが先日小学校を卒業いたしました。
それはもお〜〜〜感激の卒業式でありまして・・。
まだまだ、母親業としては発展途上の段階ですから、胸張って
「わたしの教育方針は・・・」
なんてことは、言えない段階です。

日々の勉強に関しては、
「学習方法は自分で見つけろ」
でして、苦手なこと、得意なこと、自分で自分のことを理解しないかぎりは勉強法も確立は出来ないだろう・・・・って、観点から、塾にも行ってない我が子たちです。
基本的に、どうなりたいか・・・・をイメージすることの方を先に学習せい〜〜みたいな。
そうすれば、自ずと結果がついてくる。
そんな状態が理想です。

13歳のハローワーク

↑なるほどと思える・・・好きな本のひとつです。
子供も時々ちらっと見たりしてます。
自分の好きなことにたいする可能性が見えてくるようです。
どうやって、勉強が出来るようになるか、よりも
どう生きていくか・・・・を考えて欲しい。
そんな手助けをする1冊です。

posted by tomomama at 15:06| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

百万回生きたねこ











100万回生きたねこ


100万回生きたねこ



著者:佐野洋子

出版社:講談社

本体価格:1,400円



楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する


子供の読み聞かせなどを通じ、多くの絵本とこれまでに接触してきましたが、この本ほどの感激に出会ったことはありませんでした。それほど、心を揺さぶられました。
正直、子供に理解できる内容だとは思いません。
大人が読んで、深い理解を感じれる作品です。
子供の頃、読んでもらったけど、ふと・・・・しばらくして思いをはせられるような・・・。
そんな気持ちで子供にプレゼントして欲しい・・・・・子供たちの心へ訴えることができれば。何を、大切にすべきなのか、愛するってどういうこと?にこの本は答えてくれそうな気がします。
posted by tomomama at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

斎藤孝著「音読破」の親子でおすすめの理由








齋藤孝の音読破(3)銀河鉄道の夜


齋藤孝の音読破(3)銀河鉄道の夜



著者:斎藤孝

出版社:小学館

本体価格:800円



続きを読む
posted by tomomama at 14:43| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

斎藤孝

posted by tomomama at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Click Here!
激安!ラテラルサイトレーナー税込み4950円

体を動かせば、頭も働きます。ステップ踏みながら、英語の聞き流しはお勧めの学習法です。
目指せバイリンガル!★お子様向けからビジネス英語まで★
、ハングリーフォーワーズ「EigoShop」

デジ単MRS−2000JTOEIC攻略に絶大な支持!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。